有責配偶者

有責配偶者

有責配偶者

  • 自ら夫婦関係が破綻する原因となるべく事実を作り出した者をいいます。
    • 例をあげると、夫又は妻が不貞をして、愛人と家庭を持つために離婚したい場合、この配偶者を有責配偶者と言います。
  • 原則、有責配偶者からの離婚請求は認められてはいません。
  • 自分で原因を作り、相手に離婚を求めるのは、無責任で、
    残された家族のことを考えない身勝手な行為だからです。


    離婚関係用語集に戻る

    中田典子行政書士事務所

    〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町2104-16

    お問い合わせ

    電話&FAX 0743-53-5601

    携帯電話 080-3778-8553

    営業時間 9時〜20時(年末・年始・お盆休み)

    お急ぎの場合は、上記営業時間に係らず、お電話にてお気軽にお問合せください。

行政書士は法律(行政書士法)で守秘義務を課されております。
お客様の個人情報は他に漏れることなどのないように、厳重に管理いたしておりますので、ご安心してご相談ください。