遺言書の書き方

遺言書の書き方

遺言書の書き方

遺言書の書き方
打ち合わせ等で留守の場合は、申し訳ございませんが携帯までお願いいたします。

  • 携帯 080−3778−8553
個人の事情により遺言の仕方は様々ですが、おすすめは、公正証書遺言が遺言執行等を考えるとよいのではと思います。

遺言の仕方には以下の3つの方法があります。

自筆証書遺言

作成方法

  • 全文自書
  • 日付
  • 氏名
  • 押印(認印可)
  • ワープロ・代筆不可
    メリット
  • 手軽に作成できる
  • 費用がかからない
  • 遺言内容を秘密にできる
    デメリット
  • 方式の不備や内容の不明確さによって紛争を起こしやすい
  • 偽造、変造、隠匿、破棄の恐れがある
  • 紛失の恐れがある
  • 検認手続きが必要

一口メモ

  • 年月日は客観的に確定できるように特定する。
    • 例 可 平成22年3月10日
    • 例 不可 平成22年3月吉日

書き間違い

  • 不動産は登記簿謄本を見て、間違いのないように書きます。誤記があるとせっかく遺言をおかきになっても無効となる場合があります。預金等も同じく預金の種類・国債か投資信託か正確に書きます。

検認とは、家庭裁判所に検認の申し立てをします。

申立書に以下の書類を添付します。

  • 戸籍謄本(戸籍記載事項証明書)
    • 申立人
    • 遺言者(出生から死亡までのもの全部)
    • 相続人全員
    • 受遺者全員
  • 遺言は2人以上のものが同一の証書を用いて遺言(共同遺言といいます)は民法により禁止されています。

公正証書遺言

作成方法

  • 証人2人の立会いのもと、公証役場にて公証人が、遺言者の意思を文書にして作成する
    メリット
  • 形式に不備がなく、紛争の余地がほとんどない
  • 偽造、破棄、紛失の心配がない
  • 検認手続きが不要
    デメリット

  • 証人2名が必要
  • 費用がかかる
  • 一定の手続きが必要
    公証人との打合せ等)

秘密証書遺言

作成方法

  • 遺言者が署名・押印した遺言書を封筒に入れ、同じ印で封印して、公証人、証人2人の前に提出し、自己の遺言であることを証明してもらう
  • ワープロ・代筆
  • 署名は必ず自署すること

メリット

  • 遺言内容を秘密にできる
  • 変造される恐れがない
  • 遺言書の存在を明確にできる
  • ワープロ、点字による代筆も

デメリット

  • 証人2名が必要
  • 検認手続きが必要
  • 費用がかかる

行政書士は法律(行政書士法)で守秘義務を課されておりますので、ご安心してご相談ください。

遺言相続関係遺言相続関係用語集

遺言の作成

遺言が有効であるための条件はおもに

  • 遺言作成時において、遺言者が意思能力を有し、かつ15歳以上であること。
  • 法律に定める方式によって作成されたもの。

遺言でできること

遺言の中で、法律的な強制力が生じるのは、法律に規定がある事項のみです。(民法、その他の法律で限定されています。)

  • たとえば遺言で指定できる財産は、遺言者個人の財産だけですので、会社財産等について遺言しても無効となります。

生前に自らが行っておくことができること

(生前行為 でもできること)

  • 推定相続人の排除とその取り消し
  • 認知
  • 寄付行為
  • 信託の設定
  • 特別受益者の相続分に関する指定(特別受益者とは被相続人から生前、婚姻や生計の資本など贈与をうけた人)
  • 祭祀承継者の指定

noriレポート

私は消費生活アドバイザー・コンサルティング協会の会員ですが、アドバイザー仲間の研究会「高齢社会を考える会」が最近発表した冊子の中でこんなお話がありました。

A子さんの後悔

A子さんは3人の子どもがいました。
ずっと長男夫婦と同居。夫が亡くなった時、長男がA子さんを最後まで世話するということで全財産を長男が相続
長男は2人の子どもと病弱な妻がいました。
長男は5年後亡くなり、A子さんはその半年後脳梗塞で半身麻痺。
娘2人は遠方におり自宅での在宅介護は困難。
病院から療養型病床に移り、寝たきりで92歳になりました。
(ご長男が亡くなられたとき、特に遺言がない場合、法定相続ではA子さんには相続財産がありません。ご長男が亡くなられ心理的にも、経済的にも辛いお立場になられました。)

 法定相続の場合       長男(死亡)の場合 の相続

長男の妻(2分の1) 長男の子(四分の1) 長男の子(四分の1)

 

 

中田典子行政書士事務所

〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町2104−16

お問い合わせ

電話&FAX 0743−53−5601

携帯電話 080−3778−8553

営業時間 9時〜20時(年末・年始・お盆休み)

お急ぎの場合は、上記営業時間に係らず、お電話にてお気軽にお問合せください。

打ち合わせ等で留守の場合は、申し訳ございませんが上記の携帯までお願いいたします。

HPトップへ

a:8224 t:1 y:0